モニター用のイヤホンを書いました

Facebook に日々のことを綴るようになってから、

もう何年が経つのだろう。 SNS上の交流を通じて企画が生まれたりすることが少なくないので、

ついそちらから発信することが多くなりました。

でも、せっかく立ち上げたウェブサイトなので、

こちらのブログにも少しずつ、書いて行くようにします。

今日は出版社さんとのお顔合わせ&お打ち合わせで、秋葉原へ。

帰りに「eイヤホン」というお店によって、

かねてから入手したいと思っていたモニター用のイヤホンを購入。

買ったのはETYMOTIC RESEARCHというメーカーの、

ER3SEというイヤホンです。

こちらの記事で紹介されています。記事の執筆者、生形三郎さんとは、

先日東京国際フォーラムで行われたOTOTENにて、

お互いLUXMANのブースのセミナー講師として呼んでいただいたご縁で

知り合いました。 生形さんの講座では「生録」が紹介されていて、

たいそう感動した私は、そのあと目の前のビックカメラに一緒に行ってもらい、

生形さんおすすめのTASCAM DR-44WLを即買いしてしまいました! で、「生録」に挑戦するにあたって、

また、毎月ピアノのCDを2枚程度、

音楽雑誌「ぶらあぼ」にレビューを書いていることもあり、

じっくりモニターできるイヤホンが必要だな〜ということで、

ご相談して教えてもらったのがER3SE。

お店で5種類のETYMOTIC RESEARCHを試聴し、

ベートーヴェンのピアノ協奏曲などを聴いたのですが

一番オーケストラが自然で、なおかつピアノがブリリアントに聞こえました。

あ〜これだな〜、と。

味付けがなさそうな感じが、趣味にしようとしている生録と、

仕事用モニターにピッタリかなと感じました。

これでようやく、腰を落ち着けて、

塚谷水無子さんの驚異の新譜「ゴルトベルク変奏曲(ブゾーニ編)」を、

がっちりゆっくり聴く準備が整いました!

楽理科の先輩でもある塚谷さんには、 担当しているラジオの番組(OTTAVA Salone 木曜夜)に ゲストでお呼びしたいと思っています。

今まで使っていたイヤホン(BOSE)と少し聴き比べてみたら、 今までのはかなり味付けがあるらしく、モワモワして、ベーゼンドルファーの木目を感じさせる音色が過剰だった... ペダルによるダンパー操作の音がノイズになって気になってくる感じ。新しいイヤホンは、そういう味付けによるノイズがなくなって、スッキリしており、楽音がよりクリアに届き、で音楽に集中できます。

それにしてもオーディオ関係はあまりに不案内。 いろいろ気ぜわしい中で、自分で選ぼうとして失敗してもナンなので、

専門家の方々に教えてもらうものを、素直に使うことにしています。 今度は、仕事場のデスクトップ周りの設備を少しずつ整える予定です!

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square